木星のテーマを知ろう

             

おはようございます。また明日! といいつつ、水曜日です。木星のテーマについて書こうと思っていたのに遅くなりました。申し訳ありません。でもまだ木星は天秤座0度。これからです、こ・れ・か・ら!


木星は12年かけてホロスコープ上を一周します。木星は成長・拡大・拡張の星、昔は吉星(ベネフィック)、恩恵をもたらす星として扱われていました。

木星は個人のホロスコープ上でも12年かけて一周します。あなたのホロスコープのどのハウスに木星が来ているかを見ることによって、これから次の蠍座に抜けるまでの13カ月(逆行があるのできっちり12カ月ではないのです)、どんなテーマに恩恵をもたらすのか見ることができます。

まず、ここでご自身のホロスコープを出してみましょう(ここがすごく簡単に出せました)。

https://goisu.net/chart/

で、天秤座のマーク ♎ を探します。そこは何ハウスでしょう? これがあなたにもたらされるテーマになります。(2つのハウスにまたがっているときは、どっちも見てね)

注意していただきたいのは、努力なしに棚ぼたラッキーがやってくるわけではないということです。先に書きました「拡大・拡張」はいいものも悪いものも対象です。外からの変化がオーバーリアクション気味なテーマととらえてもらってもいいかと思います。打てば響くというのはとても遣り甲斐を感じることです。しかし、打たねば響きません。

13か月後、木星は蠍座に移動します。次のテーマを見越して今を見つめるのも良いでしょう。それも見越して書きました! 少しでも皆さんのお役に立ちますように♪

 

1ハウス:自分自身、自己主張

セルフイメージを成長させるとき、同時に注目も浴びやすくなります。自分自身の枠を広げるチャレンジや背伸びに対して結果が出やすい時期です。そしてそれが自信になり、13か月後には今の自分より成長した自分に会えるでしょう。自分の魅力が輝くときでもあるので、否定しないように。褒められたら「ありがとう!!」でいいんです^^

2ハウス:自分の資質、収入

自分の力で増やせるもの、使える技術や技能について広がりや発展があります。これを広げるためには「なにを増やしたいのか」という目的がはっきりしていることが大切になります。お金や収入でもいいし、信念や技でもいい。目的をしっかりと見定め、何を手に入れ、何を実現していくかがテーマになります。小さなことでもいいから実行しましょう。どんどん広がるよ!

3ハウス:日常の勉強、コミュニケーション

近場のコミュニケーションと表すことも多いのですが、自分の興味のある分野に関しての情報の出入りだと思ってください。人とのコミュニケーションが増えて風通しがよくなり、さらに小さな移動が増えることにより世界が広がります。新しい考えややり方を見ることで、自分を縛っている思い込みを外すことができるでしょう。

4ハウス:お家、地元

今まではリラックスできる場所と表していましたが、最近「肯定される場所、自分らしくいられる場所」だなと思っています。人は成長するにつれて、生まれ育った家以外にも居場所を作ります。ウチの会社、ウチの学校、といった具合に。木星が4ハウスにくる時期は、その場所が拡張されたり、増えたり、新しく手に入れたりするでしょう。引っ越しもあるかもしれません。やがてくる外での活動のとき、安心してのびのびと取り組むための準備でもあります。

5ハウス:楽しいこと、恋愛、子ども

一言でまとめると「与える愛」です。好きなことに没頭・集中する! それは人によって実に様々です。ココナラの個人鑑定で非常に多いのは「恋愛」もここに分類されますが、手加減分からない系、愛されたい系に勝手に分けてみています。どちらにせよ、相手に(趣味や創造も含む)コミットする方法を学ぶ経験をするでしょう。好きを仕事にしている人はぐーんと広がる時ですから、やればやるほど楽しいでしょう!

6ハウス:働く場所、体の健康、奉仕

日常の仕事が増える、とも考えられますが、質が向上し責任が増すとも考えられます。これだけだとしんどいと感じるでしょう。しかし責任があることによって、人は向上し、よりよい方法を模索します。期待に応えようとするからです。そしてあなたの外への影響は強さを増し、良い習慣を作ったりもするかもしれません。食べ過ぎ、飲みすぎには注意が必要な時期でもあります。いかんせん、木星は広げますからね。

7ハウス:パートナーシップ、対人関係

5ハウスの恋愛とはちょっと違います。7ハウスは引き受ける・引き受けられる部分が強調されると私は理解しています。テーマに対して同じ方向を見る相手、ライバルや敵もこのハウスに分類されるのはそのためです。パートナーに対して自分ができることにスポットが当たり、また自分自身もパートナーを広げたり、得たりする時期になります。仕事なら今までと違うタイプの人と組んでみたりするのも良いでしょう。結婚するにはベストタイミング。

8ハウス:受け継ぐもの、深い心理

ここが表すものは「内面」だと解釈しています。密室で行われていること、打ち明け話やセックス、相続や保険、借金も含まれることから、かなり踏み込んだ内容になります。受け取ると変化せざるを得ないもの、渡すと相手を変化させるもの、そういったやり取りが行われるでしょう。他者との深い部分でのやり取り、これはすぐに変化を感じるものではないかもしれません。しかし確実にあなたを変えるものになります。

9ハウス:高いレベルの学問、海外、信念

9ハウスは「旅」とも表されます。生きることについての根本的なベースとなるものの学びがテーマです。今日の売り上げを作るために旅に出る、って変ですよね。これは営業、仕事です。そうではなくて、いつでも使えるもの、普遍的な哲学を考える機会に出会ったり、将来の目的の夢が広がったりといったことにスポットが当たります。遠くに出かけることは未知と出会うことです。そして未知はあなたの精神性を広げます。

10ハウス:社会的な場所、仕事、職場

社会での評価の恩恵がある時です。今まで頑張ってきた成果、ばんばん受け取りましょう。と同時に、期待と責任も受け取るでしょう。いわゆる「昇進」です。今までのプロジェクトが手狭だと感じていれば、今より拡大することを望みましょう。そしてスケールの大きな「成しえたいこと」に臨みましょう。また、そういった天職に出会えるチャンスの時期ともいえます。社会からどう認識されたいか、ということを意識すると良いでしょう。

11ハウス:サークル活動やNPO活動、地域活動

利害関係のない仲間との関係、あるいは活動です。「共有する喜び」というと分かりやすいでしょうか。同じ目的を持つ仲間たちと思い描く夢、あるいはその役に立つであろう自分の能力の開発や成長にスポットが当たります。「共有する喜び」と書きましたが、自分の能力(個性)が基本です。ともに学んだり、対話したりといったところから世界が広がるでしょう。精神的にとても充足した時間です。

12ハウス:精神世界、心の健康、共有できない個人の領域

12ハウスは秘密やコンプレックスも表しています。ここに木星が来るということは、当然スポットを浴びることになります(日の目にさらされるというより、自分で意識するという意味です)。次の1年は1ハウスに木星が入ることになります。その前に、自分で作ってしまっている心のハードル、壁を越えること、言い換えれば解放がテーマになります。そのとき助けになるのは、心を許せる人、虚栄を張らなくていい人たちです。

自分が「弱さ」や「恥」だと感じていること、それは他者もそうジャッジしていることになります。思い込みを取り払うこと、もう一度チャレンジすること、ジャッジを辞めること、こうすることで、あなたが避けて経験しなかったことを、経験することになります。自分にOKを出すことは他者にもOKを出すこと、これこそ解放ではないでしょうか。


思いのほか長くなりました。びっくりだね。

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です