山の日は蠍座で上弦の月でした

             

おはようございます。昨日は山の日。すっかり忘れて「早めのお盆休みヒャッホー!」と銀行に行き、うなだれて帰りました。山の日っていうのができてたんだね。


さて、山の日の昨日、蠍座で上弦の月でした。サビアンシンボルは 蠍座17度「自分自身の霊によって受胎する、「神の子を宿す偉大な」女性」 です。

  • 自分らしさの許容から可能性が開けること
  • 今の自分を許容することで内側からの変革が起こること
  • 「分からない」「知らない」「選べない」と思っていても、答えは自分が持っていて、自分の無意識はちゃんと知ってるよ

ということです。

乙女座祭りです。巷は夏祭り。前回の新月は獅子座で「やりたいことをまずやろうよ!!」という配置でしたが、徐々に「きちんとやっていこう」「細かなところも詰めていこう」という動きになっています。祭り最中に後片付けまで想定しているような時間です。


先日、8/8はライオンズゲートが開くとき、だそうです。マヤ暦の考え方だそうです。太陽のパワーが最も高まる時期なので、なんといいますか、太陽からエネルギー直通みたいな感じになるんでしょうね。

ライオンズゲートから1日遅れて、なぜか成り行きで室戸岬に行きました。

前知識ゼロだったので、「ジオパークに行こう」(すでにここがジオパーク)というお決まりのボケ。

天然記念物のアコウの木、岬の端っこと大自然の中を歩き、最後は展望台に。

分かりづらいですが、山、いきなり海! これぞ室戸岬なんでしょうね。この高台ではトンビがすぐそばに見えました。

瀬戸内育ちだと、ただただ広い海は怖いですねえ。

では、良いお盆休みを!

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です