夏至と海王星の逆行について考えてみる

おはようございます。ソーラーリターンという言葉をご存知でしょうか。文字通り「太陽が戻ってくる」です。かに座のみなさんソーラーリターンおめでとうございます。そろそろ39歳になります。これっぽっちも大人になった気がしませんが、かといって衰えた気もしません。もともとのバイタルが低い、月でいえば新月っぽい柊です。

夏至

ホロスコープは夏至の空模様です。今月の新月は太陽がふたご座のときでした。今はかに座に移動。水星はおうし座からふたご座に移動。どうですか? あの頃から雰囲気変わりましたか? 私はずーっと形にしようとしていることがあるのですが、なに一つ形になっていません(笑・笑えないけど~)。新月ごろは図書館から本を選んでいた、選びまくっていた状態でした。今は選んだ本の中から重要な数冊を選びたいんだけど選びきれない、そんな状態です。

水星は移動が速いのでこの状態も長く続かないとは思っていますが、昨日は夏至、太陽が一番長く地球を照らす日でした。だからエネルギーが強い状態といわれます。水星(☿)に3点(木星♃、土星♄、海王星♆)からゆさぶり(赤い線のつながり)を受けているから、思考や考えの生整頓がまとまらない、分散しちゃうということが感がられます。だから今はしょうがないかなあと思いつつ、それでもあがいています。このあがきは後々に必ず役に立つと信じて。

さて、夏至は次の秋分までの傾向を表すともいわれています。アセンダントはしし座=守護星は太陽、自分です。自分と素直に向き合うことが大切です。いて座の満月の記事でも書いた「やりたい、やりたくない、できる、できない」です。

「自分と素直に向き合う」ということは思いのほかハードです。葛藤は生まれるし、時間は24時間しかないし、情報はあふれているし。でもここで「自分自身の求めるもの」をしっかりと明確にしておくこと、これが2016年秋に開く突破口への切符になるように思います。もちろん時期が来たら飛び立てるように準備する(思考の整理整頓、なぜ、どうして、自分がそれを求めているのかを知っておくこと)ことも重要になると思いますよ。

海王星の逆行(6/14~11/20)

海王星は遠い天体なので個人への影響というより社会への影響として読まれます。今起こっている柔軟宮のグランドクロスの発端ともいえる海王星は、うお座がホームですからいかんなく力を発揮しているようです。「みんなのために」。誰か一人の強い思いではなく「全体を覆う思想・思い・方向性の広がり」といったものです。逆行はそれらが「反対に働く」か「弱まる」と考えられます。通常の広がりでは境界線を意識しなかったところに、境界線が生まれるかもしれません。人は境界線が生まれるとどうしても攻撃しがちです。「戦争はよくないよ」と頭ではわかっていますが、異分子(意見の違い)に対して起こる防衛反応のひとつですから当然です。また、広がりはもうもうと広がるものですが、逆行の影響から結束する動きが出る可能性もあります。

今世間をにぎわせているイギリスのEU脱退は、海王星の逆行を象徴する出来事だなと思ってみています。今の段階でどれが正解だとは言えないことですね。

逆行って悪いことなの? と思うかもしれません。いえいえ、悪いことばかりではないです。海王星に関していえば、ただただ猛然と広がっていたものがタイトになることで、余分なものをそぎ落とし、精度が上がるわけですから。

火星の逆行もまだ継続中。答えは自分が持っています。他者から得られるのは答えではなくヒントです。自分で考えて、決めましょう。太陽がかに座だから同じ目的を持つ者同士が集まってシェアワークするのもいいかもしれませんね。しかし、くどいようですが、自分が答えを持ってます。面倒くさがらず、怖がらず、自分と対話する時間を持ちましょうね。

ではまた!

関連記事

  1. 2017/04/04 上弦 蟹座15度

  2. 10/16~10/22の星読み

  3. 2017/01/06 上弦 牡羊座16度

  4. 宇宙のお正月、春分です

  5. あなたの太陽と月はどこですか?

  6. 2017/09/28 上弦 山羊座6度

  7. キロンが見せた夢?

  8. 2017年5月の満月とドラゴンヘッド①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 11月 16日
  2. 2017年 9月 11日