人生の目的を知るWSと星田妙見宮の旅

人生の目的を知るWS

1月25日、大阪で開催された「射手座木星 自分の人生の目的を知るWS(講師:田中みずえさん)」にアシスタントとして参加しました。

先週のMagnoria’s World No.42で、私はこんなことを書きました。

今あるものに感謝する。私にとって年末からずーっとこれが続いています。満月は収穫のときだから、振り返りをしてきたつもりでしたが、できた、できていないという視点で見ていたときは、結果ばかりに目を向けて、プロセスに目を向けていなかったと思います。結果はあくまで通過点、だって私は今も生きているから。この生き続けている時間こそ、プロセスであり私の人生だから、振り返るのであれば、このプロセスで得たことを感じることが、大切なのだろうと、今の私は思います。

実は私、アシスタントとして参加することを結構ぎりぎりまで「ど、どうしよう」と思っていました。私の中の無邪気な自分は「体験したい! そこに行ってみたい!」と言ってるんだけど、もう一人の自分が「間違えて恥ずかしい思いをするのは自分だよ?」「迷子になっちゃうかもよ?」と、心配するという感じです。

行きたい私は、未知の経験を楽しみたい私。足止めしている私は、痛みのない道を選びたい私。どちらの私も、私です。どちらの私も、本心です。でもね、痛みがあるかどうかは、その道を歩かないと分からないこと。あるかないか分からない痛みを想像して恐れるより、私は経験したい、感じたい、そしてなにより会いたい!! という気持ちが勝りました。けれどね、心配していた気持ちを置き去りにしたわけでも、打ち消したわけでもないんです。だってそれも私。その私も一緒に、大阪に向かいました。

だからこそ得られたこと。それは、私にとって宝物となった時間です。参加した皆さんとの出会いも、いつも一緒に講座を受けている仲間との再会も、講座の内容も何もかも、そこに至り繰り広げられるプロセスそのものが宝物、ということを体で感じました。

私、私に生まれてよかった。

そう思えるようになったのも、このプログラムに参加してみんなと一緒に学んだからだと思います。ここに至るまでには、「自分じゃないものになりたい」「今の自分には足りないものがあるから満足できないんだ」という、自分で自分を苦しめていた頑なな思いがあって、もがいて苦しんだからなのだということも、ゆっくりと理解するようになりました。

みずえさんのワークショップは、ホロスコープを通して「人生の目的を知る」「自分らしさを思い出してゆく」ことがテーマです。翌日はいつもはZOOMで受講している講座を対面で受講したのですが、やっぱりZOOMと対面は違うなと感じました。これの感覚も、これからの私の活動方針となる宝物の一つです。

みずえさんのWEBサイトのトップに書かれているストーリーが、今の私にはとても沁みます。ぜひご覧ください(ページの下の方にメルマガの申し込みもあります!)。

WEBサイト ReBorn へはこちらをクリック!

星田妙見宮の旅

WSのあと星田妙見宮に行きました。電車乗り継ぎの旅! 旅というほど長くはなかったかもしれないけれど、私にとっては冒険です。星田妙見宮はどんなところかというと、、

弘法大師が交野へ来られた折、獅子窟寺吉祥院の獅子の洞窟に入り、佛眼仏母尊の秘法を唱えられると、天上より七曜の星(北斗七星)が降り、それらの星が3ヶ所に分かれて地上に落ちたと言います。この時よりここに[三光清岩正身の妙見]として祀られるようになったと言われています。
星田妙見宮公式サイトより

一人旅ならば行けないような場所に、こうして仲間たちと来られたことに感謝です。

そう! 私、年末くらいにここでキャッキャとはしゃいでいる夢を見たんです。夢の中では仲間がいて、それが嬉しくてキャッキャしてたのですが、実際は場所に興奮していたからもっとはしゃいでいたかもしれません。とにかくよく笑い、歩き、肌でいろんな空気を感じ、満喫した旅でした。

お会いしたみなさん、本当にたくさんの宝物をありがとうございました!

***

香川への帰り道、心配していた私に語り掛けました。大丈夫だったでしょ、迷子にもならなかったし、自分の精一杯を出し切った。だから、もっと自分を信じて、過去に失敗した自分も許して、挑戦を選んで行ける人になろう。

関連記事

  1. 2017/08/29 上弦 射手座7度

  2. 木星が照らすあなたのテーマ

  3. 2017/08/08 満月 水瓶座16度

  4. 2017/09/20 新月 乙女座28度

  5. 2017年夏の乙女座での水星逆行

  6. 2017/07/31 上弦 蠍座8度

  7. 2017/09/28 上弦 山羊座6度

  8. 2017/09/13 下弦 双子座21度

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

テキストのコピーはできません。