そのひとときを愛と呼ぼう

chart_201606080658

おはようございます。今日は珍しく平日の朝に更新。

柔軟宮の季節について

梅雨の晴れ間が見えている所もあるのではないでしょうか。この季節、植物はその日に吸い上げた水分を、その日のうちに枝葉に変えてゆくかのように、大きく強く伸びてゆきます。でも初々しさがある。これが夏になると緑は太陽に負けない力強さを得て、凶暴ささえ感じるほど繁ります。つい1か月前の梅雨の姿はすっかり忘れてしまったかのように。頼もしくもあり、恐ろしくもあり、ちょっと寂しい気持ちになります。だから私は、ほんの短い境目である梅雨の時期、緑の中で枝が伸びる音、葉が開く音を、わざわざ聞きに行くことがあります。

以前からグランドクロスについて触れていました。ふたご座の太陽と金星、おとめ座の木星、いて座の土星、うお座の海王星が形作る四角形(あるいは十字)です。この4つは柔軟宮と呼びます。季節の変わり目を表している星座です。環境の変化(周りの変化)に敏感で「変わること」に抵抗がありません。むしろ受け入れて取り込んで自らも変わってゆく。今日新たに生まれたくるくるした若葉は、明日には葉を開いています。グランドクロスが形成されている今、目的や決定はある意味では小さくたくさん繰り返しているのかもしれませんが、今はまだ大きな指針を打ち出すことは難しいかもしれません。若葉のように今日と明日は否応なく変化しているからです。

梅雨という時期は今の星空そのものと表現しても良いかもしれませんね。

タイトルの「愛」について

私は植物が好きです。だから植物の変化の過程を眺めることができるこの季節、すごく好きです。といっても、毎朝バタバタと準備している途中でやる水やりや簡単な摘心、間引き、草抜きは正直そこまで心をこめられません。だから週末にこってりと向き合います。

「愛」という、説明が難しい(あるいは説明不要な)、あるのかないのか分からないもの、感情なのか行動なのかもあやふやなものがあります。すべてを指すのかもしれませんが、私は一つの結論を持っています。「愛」とは状態である、と。私がわが家の植物たちを愛でている時間、この時間そのものを「愛」と表現します。誰かの要望に応えてパンを焼く時間、これも「愛」。長年の友人と毎年小さな旅に出るのですが、待ち合わせから旅の途中、それぞれの帰路への分かれ道まで、すべての時間が「愛」。主人と二人共通の趣味の時間、それはとても絵になるものではないし、周りから見たら「二人でダラダラしてるだけ」に見える時間ですが、二人の「愛」。

一人でも誰かとでも持てるもの、誰しもが必ず何度も経験しているであろう状態です。この愛の形は人それぞれです。あなたの「愛」ってどんなのでしょう? ね?

今日の空とこれからについて

さて、画像はこれを書き始めた時間のホロスコープです。水星が動いたので三角(グランドトライン)は形を崩しました。グランドクロスもちょっと形を崩しています。誤解しないでくださいね! 別に三角なんてなくても怖いことは起らないから!
以前書いた「すくすく育つおうし座の新月」「鉄火場風のいて座の満月」の部分です。記事を抜粋します。

おうし座の新月のとき:今あるものをさらに根付かせ(定着させ)後々に残るものを育ててゆく
             ↓ 
いて座の満月のとき:今日、水星が順行に戻ることから、新月で願ったこと、新月から今までに見つけた「育てたいこと」や「形にしたいこと」、これらを言葉で表現しましょう。その行動は地のパワーを十分に生した行動となり、順行に移った水星に押されて現状を動かすトリガーとなるのではないか

こんな風に状況が変わってきています。水星がおうし座にいるあいだ(6/14までに)に、形にすること、根付かせること、意志表明などしておいたほうが良いでしょうね。

さ、週の真ん中です。今日も張り切って一日を過ごしましょう!

関連記事

  1. カイト(凧)のある空 ~射手座の満月に向けて~

  2. 10/9 13:33 山羊座の上弦の月

  3. 2017/07/31 上弦 蠍座8度

  4. 2017/01/12 満月 蟹座23度

  5. 宇宙のお正月、春分です

  6. 体感、小さな満月~さそり座~

  7. 2016/11/20 海王星が順行に戻ります

  8. 2017/06/24 新月 蟹座3度

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。