しし座の季節の過ごし方

             

未来手帳のご依頼分、すべて発送終わりました~。こんばんは! 事務処理能力の低さは「かなり」です。

ご依頼くださったNさん、すごくご面倒をおかけして申し訳ありませんでした。それなのに気持ちよくやり取りしてくださってありがとうございます。私はお客様に恵まれている(涙)

そのご迷惑をおかけしましたNさんとのやり取りの中で、Nさんが未来手帳を「未来日記」と呼びました。後で「間違えてました!」とご連絡くださったのですが、未来日記、いいと思いませんか?

スケジュール帳でも日記帳でも、未来日の予定を立てて書いちゃうんです。「こうしなきゃ!」じゃなくて、「こうだったらいいな」「これをしたい!!」を基本にします。しし座の季節は自分らしく(誰かのためじゃない、自分が楽に、楽しく!)あることが歓迎されますからね。だから私は、新月の記事で心(魂)を楽しませることをしましょうと書きました。

とはいうものの、うまくできない、簡単じゃない、というのも分かります。いい感じに土星(試練・制限・苦手)がプレッシャーかけているんです。いきなり「宣言します!!」なんてできない(この星回りじゃなくても普通にしづらいネ)。といっても、土星があるからできないよーと言っているのではなく、自分らしくということを考えようよ、と伝えたいんです。

 

未来の日記を、だったらいいなの予定を思い描いたとき、けっこう素直に自分だけの楽しみみたいなのを思い浮かべませんでしたか? それは「あなたらしさ」であり「あなたの望むもの」。その素直さがいいんです。日記ならだれに見せるものでもない、遠慮なく素直になれます。

ここでしっかり「自分」「自分らしさ」を確認できたら、次に「自分ができること」を認識できると思います。あとは行動に移す(あるいは準備する)。

木星はてんびん座に移ります。視線は個人から社会へ、繋がり、社交へシフトします。今よりもっと広がり始めます。その前に、自分を再確認して自信をつけておくこと、これができれば、この季節をしっかり過ごせたことになるんじゃないかと思うんです。


というわけで、勝手に自分語りです。表明したほうがいいから表明してやれ! という若干投げやりです(笑・やけくそともいう)。

私は田舎生まれの田舎育ちです。少人数なのでクラス替えもなく、教育の理想なふうに言われることもありますが、実際は一度いじめ癖、いじめられ癖がついてしまうと、子どもたちだけでは払しょくできない感じがありました。それが田舎を出るまで続く感覚です。なかなか針の筵です。

だいたい「できない子」「少数派」がいじめられます。私は運動音痴で、言うこともなんだか変で、できないことはやりたくないって気持ちも強くて、なるべくしてなった「いじめられっ子」でした。

占星術を学ぶと、自分の中に12星座のすべての要素があることを知ります。そして感受性(感じ方、受け入れ方)の違いや表現(出し方)の違いも分かります。

小学生ぐらいの自分が、苦手なあの人たちにも、私と同じものを持っているんだと気づけたら、あるいはそれほど違いなんてないんだと思えたら、どれだけ違った未来になったんだろうか、と考えることがあります。

だから私は、田舎に戻って、占星術の考え方を子どもたちに伝えたいなと考えています。「普通」とか「違い」は善悪ではないんだよって、違うから面白いんだよってことですね。

超絵空事かもしれないけど、そういうことがしたいなあと思ってるんです。

あと、全国の夏祭りをめぐりたい。ねぶたも阿波踊りも花笠もすすき祭りも見たい。

そゆことです。尻すぼみ。

Nさん、ひらめきどうもありがとうございました。ではまた!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です