変化は求めるものか?

おはようございます。柊です。今日のは星の情報ではありません。私の体感の話。だから興味がある人だけ読んでね。

|

(.*)

|

毎日の星読みの中で「思い込みかもしれないけど、自分を、人生を変えたいって思ってる人って多いなって感じているんです。」って書きました。続きを考えていたら、長くなりそうだからこっちに書くことにしたわけです。はい。

で、続きね。

自分を変えたい、人生を変えたいって思ってる人って多いなって感じます。

変えたいだけなら荒療治。何もかもを捨てて海外に脱出してしばらくそこで暮らしてみればいいと思うんです。

でもできない。

理由は、仕事もあるし、家族もいるし……と様々思いつきますが、要するに積み上げたものをふいにするのが怖いんだと思うんです。今までの時間が無駄になるような、惜しいような。

両手の中に「安定」を勝ち取ってしまっていると、その「安定」を手放してまで変化を求めることに恐怖を感じるのは、ごくごく自然なことだと思います。だってさ、それを得るために頑張ってきたんじゃない。

でも、環境や状況から選ぶ権利もなくその状況になったら、諦めもつくし、選ぶ道もだいたい一本しかないから、やるしかない! って自分を奮い立たせられます。

この状況を、待ってる人が案外いるんじゃないかなあって感じます。

|

(.*)

|

「そんなもん、来ないぞ!!」なんてことは言いません。私もどっちかっていうと待ってる側の人ですから。というか、今手の中にあるものを大事にしたい派、ですね。今はね。

安定や、自分自身の「心の安心」を勝ち取るまでは、変化とか運命ってあんまり気にしない、気にならないんですよね。行き詰まりや、伸び悩み、広がりを感じない、あるいは、「変わった」という人を見て「自分の可能性ってもしかして」って思っているか。かなり暴力的に表現すると「飽きてる人」が変化を求めやすいんじゃないかと思います。

私は思うんです。もし、あなたに必要な変化が訪れているとしたら、おそらくそれはあなたに届いているだろう、って。どんな選択肢(岐路)であれ、常に自分の理想の形でやってくるとは限りません。後から考えたら「ああ、あれがベストのタイミングだったんだな」って思う、そんなタイミングでやってきます。

変化を受け止めるメンタルとしては、常に自分のことを理解しておくこと。今の自分の置かれた状況とか、これからなりたい自分の姿とか、今自分が持ってる才能、知識、経験、価値観を見据えておく必要があると思います(私はこうした自分との対話を精神性を高める行動だと位置づけています。他者からの助言はとても有効だけど、それを得たから自分で考える必要がないかというと答えはNOです。自分で考えないと精神性は磨かれないって思います)。

これらがはっきりしていると、一見ちょっとした変化であっても見逃さなくなるし、判断も迷いが少なくなります。機敏に動けるようになる。人から「勇気のある決断だね」って言われることでも、準備できていた自分であれば決断できる。

|

(.*)

|

これからの空模様は、流れがスピードアップしてゆくと私は考えています。必ず速断を求められるわけじゃないけど、些細な空気の変化にも敏感になっておきたいなって思っているので、今日はこれを書きました。

私は、星からのメッセージって特別の才能がなければ受け取れないものとは思ってないんです。誰しもにできること(勘がいい人はすでにできてること)じゃないかなって思います。だから諦めないでください。変化を求めているのであれば、たぶんノックされているか、もうすぐノックされるんだと思いますよ。


受付中の鑑定メニュー
  • 出生図鑑定 …… ホロスコープに描かれているあなたのこと(12,000円)
  • メール鑑定 …… 個別のご相談に対して、ホロスコープとタロットで鑑定いたします(5,000円)
  • 2017年月読みアドバイス …… あなたのホロスコープと今の空を合わせて見る未来予想(1か月2,000円/3か月6,000円)
  • マヤ暦鑑定 …… 古代マヤの叡智から自分の本質、使命、時の流れを知る(3,000円)

今までの銀行振り込みに加え、クレジットカード支払いを追加しました。電話鑑定(鑑定日ご予約制)も始めました。


・LINE@にて毎日の星模様配信中!(配信は月水金の8:00)こちらをクリック

 

 





変化

関連記事

  1. オーダーブレスのAngelpooさん!

  2. リンパマッサージのRAINBOW PRISMさん

  3. ホロスコープ・占星術のソフト

  4. 2017年どんな年になるかなあ

  5. 卒業と旅立ちのとき

  6. 蟹座の月に思う「母親」のこと

  7. Mizue Tanakaさんのセッションを受けました

  8. 竹内俊二先生の個人講座