6月の新月に向けて

IMG_20160525_122740IMG_20160525_134055

おはようございます。お天気は下り坂ですが、過ごしやすい休日ですね。みんなが嫌う雨ですが、私は雨の日が好きです。先日、雨の日に高知県立牧野植物園に、遅い母の日旅行として行きました。植物園ですが通路や建物の作りが素晴らしいので、雨の日でも十分楽しめます。途中傘が必要なところもありましたが、受付で傘を借りることもできますから、手ぶらで行っても大丈夫なんです。雨の中に咲くバラの花はとても綺麗でした。花ってずっと同じ形を保っていられないんだよね。だから集中して見つめてしまう。

chart_201605290925

さて、今日の星空です。ご覧のとおり、赤い色の四角と青の三角があります。とても数学的な形状だなあと思いますが、この空から受ける影響を考えると「混乱」という言葉が思い浮かびます。あるいは、ぷくーっと膨らんでいた「だったらいいな」とか「こうしたいな」に「横槍が入る」とか。

私は昨日、普段使いのタンス(みたいなの)の整理をしました。もともと整理整頓が得意ではないのですが、最近のあそこは混乱を極めていた。で、整理整頓したわけです。もちろんいらないものは捨てる手配。そんなことをしていると、玄関のチャイムが鳴って注文していた衣類が届いた。心がくじけてどっさり散らかったままです。
「全部タンスに突っ込むか?」「いやでもあと数日したらクリーニングも返ってくるし」「もう全部捨てちゃうか」「ストッキング買い足さなきゃ」などなど、判断力が混乱の極みです。集中すれば30分とかからず終わることが終わりません。

こんな中で感じたのが「空のまんまだ」ということです。ではこんなときどうしましょう。しばらく放置です。「なるようになる」のを待ちます。というと他力本願ですが、実際は「やらねばならない形が見えてくる」まで待つんです。やるのは自分(笑)。

と、これは私のやり方です。すごいパワーでやっつけちゃう人もいるでしょう。それも良いことだと思います。ただ、今っていう状態は変化の途中。今日のゴールが本当のゴールじゃないってことも往々にしてある、と感じます。

自分のぐーたらを正当化した感が否めませんが(笑)、私は次の新月(6/5)まで「足す」よりは「引く」でバランスを取りつつやりくりします。同時に、今年の春分を見返し、改めて方向性を見失っていないかを見直そうと思います。

6月が目前ですね。もう折り返しだ! 今年の3か月占いは2016年9月を最終受付にしようと考えています(きっとそのころには2017年のあなたの話題が出てるでしょう)。まだまだ受け付けておりますので、ぜひお申し込みくださいね♪

関連記事

  1. 6/5~6/11の星読み

  2. カイト(凧)のある空 ~射手座の満月に向けて~

  3. 山の日は蠍座で上弦の月でした

  4. 6/26~7/3の星読み

  5. 2017年の春分

  6. しし座の季節の過ごし方

  7. 2017/02/19 04:33 下弦 射手座

  8. 北斗晶さんのホロスコープ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 6月 05日